金沢ひがし茶屋街:歴史とノスタルジアが織り成す魅力の街

観光
※この記事にはプロモーションが含まれています。

金沢に訪れる際、必ず立ち寄るべき観光スポットの一つが「ひがし茶屋街」だ。ここはレトロで風情があり、カフェやお店が多く、特に朝イチが写真を撮るのに最適な時間帯だ。平日月曜日であっても観光客が多く、お昼ご飯の時間には行列ができるほどの人気ぶりです。

観光、デート、家族連れなど、あらゆるシチュエーションで楽しめる雰囲気が漂うこの街では、だるま焼きや金箔のソフトクリームなど、地元の味覚も楽しむことができる。古い街並みが風情があり、着物を着た女性や外国人観光客が楽しそうに歩く様子が印象的です。

金箔ギフトのお店や金箔推しの食べ物も豊富に揃っており、金沢を代表する観光名所として知られている。また、予約制の有名な料理店も多く、日が暮れ始めると雰囲気が一段と良くなる。

アートのお店や金箔のお店もあり、スイーツ巡りも楽しめるこの街では、金箔ソフトの有名店「箔一」や雑貨屋「かなざわ 美かざり あさの」に行く価値がある。江戸時代からの茶屋建築が連なり、抹茶や金箔がかかったパフェやソフトクリームなど、伝統と現代が融合した魅力的な食文化も堪能できます。

昼と夜では異なる雰囲気が楽しめ、特に着物を着て夜に訪れることがおすすめ。また、雨や雪の日でも異なる雰囲気を楽しめる四季折々の観光地として、訪れる価値があるでしょう。

スポット 体験

芸妓さんが在籍するお茶屋は5軒

ひがし茶屋街をはじめて訪れる方は、現役のお茶屋を探すのも楽しみのひとつ言えるかもしれません。

藩政期から昭和にかけて最高の格式を誇った「ひがし茶屋街」では、八しげ、中むら、春の家、八の福、藤乃弥の5軒が、今も芸妓さんが所属する現役のお茶屋として営業しています。

いずれもメインストリートの二番丁にお店があります。

URL:https://kanazawageigi.jp/chaya/higashi.html

お茶屋の中を見学できる施設

お茶屋 志摩

文政3年(1820年)に建てられた格式の高いお茶屋 

国指定重要文化財に指定 

石川県金沢市東山一丁目13-21
076-252-5675
URLhttp://www.ochaya-shima.com/

懐華樓

金沢市指定文化財 お茶屋美術館

お香

「和の時空 町屋塾」

石川県金沢市東山1-34-6​
076-252-3176
URLhttps://www.machiyajuku.com/

フォトスポット

東茶屋街は、金沢の伝統的な茶屋建築が並ぶ風情ある観光スポットです。フォトジェニックな写真を撮るには、以下の場所がおすすめです。

二番丁:
メインストリートと呼ばれる通りで、着物姿の女性や人力車が多く見られます。金箔ソフトや金箔コスメなどのお店もあります。

志摩:
国の重要文化財に指定された元お茶屋で、茶室や座敷を見学できます。抹茶と和菓子を楽しむこともできます。

懐華楼:
現役のお茶屋で、夜は宴席が行われます。昼間は2階のお座敷を見学できます。朱色の階段や太鼓がある部屋が特徴です。



三番丁:
二番丁から一本入った通りで、大人の雰囲気を漂わせます。九谷焼や加賀友禅などの工芸品店がある。

一番丁:
ひがし茶屋街で最も古い通りで、狭い路地にしっとりとしたカフェや工芸品店があります。着物の女性が似合う通りです。

タイトルとURLをコピーしました