初詣はいつまで?適した日・時間帯とかある?

イベント
※この記事にはプロモーションが含まれています。

初詣はいつまで?適した日・時間帯とは?

参拝日の制限はない

初詣には、いつまでに行かなければならないというルールはありません。

そもそも初詣とは、

「年が明けて初めて神社などに参拝する行事」

になります。ですので参拝日の制限等は設けられていないのです。

引用:o-dan

初詣に適した日・時間帯

初詣に行く際の適した日や時間帯などはあるのでしょうか。初詣に適した日や期間について、触れていきます。

適した日

初詣に適した時間帯は、通常、早朝や夜遅くが比較的混雑が少なくなります。特に初日の出前後や深夜に近い時間帯は、神社や寺院が比較的穏やかで、参拝しやすいとされています。これらの時間帯を選ぶことで、混雑を避けながら静かな雰囲気で初詣を楽しむことができます。

適さない日

不成就日とは

不成就日は、その名の通り、何もかもが実現しない日とされています。これは一粒万倍日や天赦日などの吉日とは対照的で、むしろ選日と呼ばれる凶日に分類されます。週に約1度の頻度で現れ、身近な凶日として周知されています。最近では、「不成就日を気にしない」という立場が広がっており、特に若い世代では吉日を重視しつつも、凶日に過度な注意を払わない傾向が見られます。

不成就日
2024年1月 2日(火)、10日(水)、16日(火)、24日(水)
2025年1月 5日(日)13日(月・祝)21日(火)31日(金)
松の内期間

初詣は「松の内期間」にお参りするのがおすすめされています。

松の内は、家庭や神社に神様がいらっしゃる期間を指し、玄関に門松を飾る時期として知られています。地域によって異なりますが、関東では1月7日、関西では1月15日までが松の内期間の目安です。三が日に比べると参拝客も減少する傾向があり、混雑を避けたい方に最適です。

ただし、関西では1月10日に「えびす」が開催され、これは大変賑やかな出来事です。えびすは商売繁盛や豊漁を祈願するお祭りで、関西の繁華街や商店街は賑わいに包まれます。そのため、10日に初詣を考える方は、えびすの賑わいに注意する必要があります。

喪中 

喪中で初詣の参拝については、日本の習慣や慣習に基づいて様々な意見が存在します。喪中は、家族や親しい人が亡くなった際に、その喪に服する期間を指します。喪中の期間中は、一般的には祝事や娯楽を避け、控えめな行動が求められると考えられています。

初詣は、年が明けてから神社や寺院にお参りする伝統的な行事で、幸せや厄除けを祈る機会とされています。しかし、喪中の期間中には神社や寺院の参拝を避けるという習慣がある場合もあります。これは、故人を偲び、喪に服す期間においては神聖な場所への参拝が控えめであるべきとする考え方からきています。

ただし、地域や宗教、個々の信仰や慣習によって異なるため、一概には言えません。家族や身近な人々と相談し、自身や家族の信仰や感情に基づいて決定することが重要です。神聖な場所への参拝が問題視されない場合もありますし、個人の信仰や慣習に合わせることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました